リサイクルに繋がる料理

料理を通じて親子で学ぶリサイクル「エコクッキング」

後片付けのことも考えよう

水に浸けるのがおすすめ

ご飯粒などは、茶碗にこびり付くと上手く撮れません。
水で勢いよく流している人がいるでしょう。
ですが水をたくさん使うことは、エコクッキングではないので控えてください
最初に水をタライなどに貯めておきましょう。
そこに茶碗を入れておくと、簡単にご飯粒などの汚れを落とせます。
茶碗を1つ1つ水で流してから洗うより、まとめて水に浸けていた方が簡単ですし経済的です。

工夫することで、水をたくさん使わなくても綺麗に洗えます。
食材を選択する時や、料理する時ばかり意識するのはいけません。
食後のことも気を付けることで、エコクッキングが成功します。
食器を洗う時は、子供にも手伝わせましょう。
すると責任感を養うことができます。

油のついたフライパン

炒め物をした後のフライパンは、たくさん油が残っていると思います。
洗剤を使っても、なかなか綺麗に洗えないでしょう。
ですから適量の倍以上の洗剤を使って、洗っていた人がいると思います。
ですが洗剤は排水口に流れると、水を汚染します。
地球環境を守るなら、洗剤をなるべく使わないようにするのが1番です。

フライパンを洗剤で洗う前に、油を拭き取ってください。
キッチンペーパーを使うと、簡単に吸収できます。
それから洗えば、適量の洗剤でも綺麗に汚れを洗い流せるでしょう。
フライパンだけでなく、油がついたお皿なども同じです。
キッチンペーパーで綺麗に拭き取ってから、お皿を洗ってください。
洗剤や油が、排水口に流れるのを防ぎましょう。


この記事をシェアする