リサイクルに繋がる料理

料理を通じて親子で学ぶリサイクル「エコクッキング」

料理中の無駄を省く工夫

野菜や果物は全部使おう

野菜や果物を料理する時は皮を剥いたり、芯や茎を取っていたと思います。
しかし切り取る部分が多いと、それだけゴミが増えてしまいます。
食べられる部分も一緒に切り取るのはもったいないので、どうしても食べられない部分は小さく切り取ってください。
茎でも柔らかく煮込むと、おいしく食べることができます、
新しくレシピを発見して、茎も食べるのが最も良い方法です。

野菜や果物の皮も同じです。
まだ食べられるので、簡単に捨てないでください。
エコクッキングを意識するなら、野菜や果物は丸ごと使うことが大事です。
今まで知らなかったレシピを見つけることもあるので、積極的に新しいレシピを探してください。
レパートリーも増えるメリットがあります。

ガスを使う時間を少なくしよう

野菜を茹でる時は、電子レンジを使うのが良い方法です。
蒸すと、ガスを使用しなくても済みます。
ガスをたくさん使うと、地球環境が悪くなると覚えておきましょう。
またガスを使った時よりも、電子レンジを使った時の方が安い費用で済みます。
地球環境だけでなく、お財布にも優しいので今後は実践してください。
炒めものを作る時も、先に電子レンジで簡単に火を通しておくのがおすすめです。

すると食材が柔らかくなるので、ガスを使って炒める時間を短くすることができます。
上手く電子レンジを使って、地球環境の悪化を防いでください。
電子レンジだけを使って、料理するレシピもあります。
時間が無い時などは、そのようなレシピが役立ちますね。


この記事をシェアする