リサイクルに繋がる料理

料理を通じて親子で学ぶリサイクル「エコクッキング」

エコクッキングを実践しよう

必要な分だけを見極めよう

スーパーでは、時々セールをしています。
セール中は野菜や肉などの生鮮食品が安くなるので、必要以上に買い込む人が見られます。
ししかし家族の人数が少ないのに大量の生鮮食品を買うと、使い切れずに腐ってしまうでしょう。
ゴミを増やすことは、地球環境に悪い影響を与えます。
エコクッキングを意識するなら、必要な分だけを買ってください。

家族の人数やそれぞれが食べる量を考えると、必要な量を見極めることができます。
安い期間内にたくさん生鮮食品を買いたい人は、冷凍保存を使うと良いですね。
すると長期間保存できます。
解凍したら日持ちしないので、使う分だけ少しずつ解凍しましょう。
食材を腐らせる心配がないので、エコクッキングになります。

旬の食材を調べよう

通年スーパーで見かける食材があります。
いつでも買えるので、消費者から見ればありがたいですね。
然し、通年野菜を販売するためには、エネルギーをたくさん使っています。
そのエネルギーが、環境に悪影響を与えるので購入は控えてください。
地球環境のことを考えるなら、旬の食材を選択しましょう。
旬の食材はエネルギーを使わなくても、おいしく育てることができます。

そちらを選択するだけで、エネルギーの消費を抑えられるでしょう。
最初は何が今の旬なのか分からないと思いますが、勉強すればすぐに分かります。
親子で学ぶと、楽しく勉強できるでしょう。
スーパーにも親子で行って、旬の食材を探すのも楽しいです、
その時期に合った食材を買いましょう。


この記事をシェアする