リサイクルに繋がる料理

料理を通じて親子で学ぶリサイクル「エコクッキング」

エコクッキングを実践しよう

安いからと言って、たくさんの食材を一気に買わないでください。 食事は使わないで放置していると、腐ってしまいます。 ゴミが増えるので、食べ切れる量だけを買いましょう。 また旬の食材を購入するのがおすすめです。 今の旬は何か、調べるのも楽しいでしょう。

どんな食材を選択すれば良いのか

地球環境のことを考えて料理を作ることを、エコクッキングと呼んでいます。
子供にも意識させることで、他のリサイクルにも興味を持ってくれるかもしれません。
大人だけ、子供だけが取り組むのではなく、一緒に取り組んでください。
料理をするために、食材を購入すると思います。
そこから、エコクッキングは始まっています。
食べきれる分だけを買ったり、旬の食材を選択したりすることが重要です。
これまで適当に食材を買っていた人が多いと思いますが、改めましょう。

食材を無駄に使わないことが大事です。
野菜や果物は皮ごと使ったり、芯のギリギリまで料理できる方法を学んでください。
また節約を心がけることも、エコクッキングに繋がります。
電子レンジを活用すると、ガスを使う時間を短縮できますし、地球環境にも優しくなります。
ガスや水道を、無駄に使わないことを意識してください。
たくさん使うと、それだけ環境に負担を与えてしまいます。

料理を作る時だけ、エコクッキングを意識すれば良いわけではありません。
終わった後の片付けも、工夫してください。
洗剤を無駄に使わないよう気を付けましょう。
洗う前に水に浸けたり、油などは拭き取ってください。
すると少ない洗剤の量でも、綺麗に汚れを落とせます。
エコクッキングをすると、子供もリサイクルや料理に興味を持ってくれるでしょう。
親子で学ぶことで、楽しく料理が進みます。
環境を守れるように、日頃の料理から変えてください。

おすすめリンク

料理中の無駄を省く工夫

ゴミを減らすことを意識して、料理を進めてください。 皮は剥かないで使ったり、野菜や果物の芯やヘタは小さく取り除くのが良い方法です。 さらに、ガスや水道にも注目しましょう。 それらにエネルギーを使用する時間を短くすることも、エコクッキングに繋がります。

後片付けのことも考えよう

食べ終わったら、後片付けをしなければいけません。 何も考えていないと、無駄に水や洗剤を使います。 食器はすぐ洗うのではなく、水に浸けておきましょう。 すると汚れが落ちやすくなります。 油がついているフライパンなどは、キッチンペーパーで吸収してください。